治療の種類と特徴

美容整形

除去方法

ほくろとは、メラニン色素を含む細胞が高密度で集まって出来た黒い点です。いわゆる、母斑と言われるものの一種になります。そのほくろによっては大きさもバラバラで、平らなものもあれば盛り上がったものなど形状も様々です。一か所に一つしか出来ない人も居れば、何個も固まって出来る人も居ます。ほくろは通常丸い形をしていて、急に出来ることはあってもすぐに大きくなることは無いです。形がいびつで凸凹していたり、急速に大きくなる場合は悪性腫瘍の場合があります。ほくろなのか悪性腫瘍なのか判別するためには、一度医療機関で診てもらうべきです。ほくろ除去をするには、皮膚科や美容クリニックで除去してもらうのが一般的です。レーザー治療の他に、電気メスを使った治療や切開して縫合する治療、皮膚をくり抜く治療、凍結治療があります。レーザー治療は、熱を使ってほくろを蒸発させて除去します。電気メスは、皮膚を削り取ってほくろを除去する方法になります。切開して縫合する方法は、ほくろの部分を切開して切り取ってから縫合する方法です。くり抜き方法は、ほくろの部分をくりぬいて縫合はせずそのまま皮膚が再生するのを待ちます。凍結治療は、液体窒素を使ってほくろを瞬間冷却することで数日後にかさぶたのように取れるという治療法です。切開してほくろを除去する場合は、レーザーなどで取れないような大きなほくろに適していて保険適用となります。レーザーであれば、小さいほくろに適していますが自由診療になります。

レーザーが人気の理由

ほくろ除去の方法はいくつかありますが、中でもレーザーによる治療が人気となっています。ほくろには種類があるので、大きいほくろが出来る人も居ますが、多くは小さなほくろに対する悩みを抱えている人がほとんどです。レーザーは小さいほくろ除去に適していて、傷跡もほとんど残りません。施術時間もほくろ一個につき数分程度と短く、手軽に受けられるのが人気の理由です。ほくろ一個の料金は大きさによって違ってきますが、相場は大体一万円になっています。レーザー治療にも種類がありますが、炭酸ガスレーザーやQスイッチヤグレーザーが一般的です。炭酸ガスレーザーは、盛り上がりのあるほくろや5ミリ以下の大きさのほくろ除去に使われます。熱と水分を上手く使いながら、ほくろを蒸発させます。Qスイッチヤグレーザーは、黒い色素に反応する光を使って除去する方法です。平らなほくろに適しています。炭酸ガスとQスイッチヤグレーザーを同時に使うこともあります。レーザーは費用も安く抑えることが出来て、傷跡もほとんど残りません。ほくろ除去の治療法では、最もリスクが少ない治療法になります。顔に傷跡が出来てしまうと目立ちますが、レーザーで出来る傷跡があるとすれば凹みによるものです。皮膚の表面を削り取り過ぎると、表面が陥没して凹んでしまいます。傷跡を消すのは難しいですが、凹みであれば元の状態に戻すことも出来ます。万が一、凹んでもまたレーザーで元のふくらみに戻すことも可能なので安心して治療が出来ます。