印象の悪いほくろ

美容整形

紫外線と日常生活の改善

ほくろというのは誰にでもありますが、顔にある場合は目立ちます。大きさと場所によってはその人の個性になりますが、悪い印象を与えてしまうこともあります。そのような印象は美容整形のほくろ除去によって変えることができます。ほくろには先天性のものと後天性のものがあります。先天性のものは遺伝によるものですが、後天性のものは色々な原因でできてしまうものです。日常生活で注意すれば防ぐことができるのです。そのためにはほくろができる原因を知る必要があります。ほくろというのは皮膚にメラニン色素を作る細胞が集まってできたものです。良性の腫瘍の一種ですが、途中で悪性のものに変わる場合もあれば、もともと悪性のほくろもあります。気になるほくろがある場合は医師の診察を受けた方が安心できます。ほくろができる原因の1つに紫外線があります。紫外線を多く浴びるとメラニン色素が増えるためほくろができやすくなるのです。外出する時には日焼け止めクリームを塗ったり、肌を衣類で隠したり防止を被ったりすると予防になります。また肌に刺激を与えることが原因になる場合もあります。きつい下着をつけたり、顔や身体をゴシゴシと強くこすって洗ったりするとほくろができることがあります。化粧をする時にもピーリングやパッティングを強くやりすぎないことが大事です。紫外線や肌への刺激の他で最も影響があるのが生活習慣です。今後のほくろ対策の基本となるのは、睡眠を充分にとって食生活を見直してホルモンバランスを整えるということです。

人気のあるレーザー治療法

印象のよくないほくろを我慢して残しておくと、それがコンプレックスになって日常生活や仕事に影響が出ることがあります。そのような場合はほくろ除去をした方が精神的に楽になれます。ほとんどの美容整形でほくろ除去の施術を行っているので、とりあえずカウンセリングを受けてみることです。ほくろ除去の方法としては主に2つのやり方があります。皮膚を切除して縫合する切除縫合法と、ほくろの組織だけを消して軟膏で治療する方法です。大きなほくろの場合は切除して縫合するやり方が適しています。切除縫合法のメリットはほくろの組織を完全に取り除くことができるので、再発がないことです。ただし線状の傷が残るので術後のケアが必要になります。完治すれば化粧で目立たない程度に傷跡を薄くすることができます。もう1つの方法はレーザーを使ってほくろの色素細胞を破壊するというやり方です。この方法の特徴は肌を傷つけないでほくろ除去ができるという点です。そのため多くの人がレーザーによって治療をしています。大きいほくろの場合は切除縫合法でしか除去できないのですが、たいていのほくろはレーザーによって消すことが可能です。またレーザー治療は正常細胞を傷つけないので治りが早いのです。1回のレーザー照射で除去することができることもありますが、たいていは数回の照射が必要になります。その他にも電気メスを使ったほくろ除去の方法もあります。この方法で有効なのは5ミリから6ミリ程度のほくろを取り除く場合です。